Wordpressのインストール・カスタマイズ・不具合の復旧致します。
サーバー移管・テーマのご提案等も可能です。Wordpressのトータルサポート
Wordpress

https(SSL)サイトのサーバー移管「ロリポップからXサーバー」へ

ご覧頂きありがとうございます!Norio_Takahashiです。

写真は今年の桜です。

今回のご依頼は、https(SSL)サイトのサーバー移管

httpサイトのサーバー移管との違いは、httpsは基本的にネームサーバーを「先に」変更しないとSSL証明書が適用されずサイト表示が出来ません。(サーバーによってはセキュリティエラーは出てもインストールも表示も出来る場合もあります。その他に方法もあり)

Xサーバーの場合

xサーバーの場合は、ネームサーバーを変更しないとインストールも出来ません。

方法としては、

・httpサイトの戻す。

・構わずネームサーバーを変更する。

・Xサーバーの有料SSL証明書を購入する。

以上の方法になります。

無難なのは、構わずネームサーバーを変更する。です。余計なお金も掛からずスムーズです。

ただ、ネームサーバーが切り替わってからしか新サーバーにwpをインストール出来ないのでネームサーバーが新サーバーに切り替わるまでの間と切り替わってからデータを移行する間はサイトが非表示から→wp初期状態が数時間続いてしまうのが欠点です。

今回はお客様の了承をえて、上記の方法で移管しました。ネームサーバーの切り替わる時間が曲者で10分で切り替わることもあれば、12時間以上かかることもあり、やって見ないとわからないです。経験的には3-6時間ほどで切り替わります。(今回の作業ではサイトのダウン時間は、2時間程度でした。)

 

作業手順

まずサイトの管理画面にログインしてプラグイン(updraft plus)でデータベースをエクスポートする。

 

FTPでデータ一式をダウンロードして適当なフォルダ名を付けて保存。

 

ダウンロードしたデータから、「.htaccess と wp-config.php」を削除しておく。

 

ネームサーバーをロリポップからXサーバーに変更。

 

ネームサーバーが切り替わり、独自ドメインにアクセス出来るまで待つ。(数時間かかる)

 

サーバーが切り替わってサイトが表示されなくなったら、Xサーバーの管理画面からドメインをSSL設定する。

 

WPを新規インストールする。

 

インストール後、管理画面からサイトアドレスとwordpressアドレスを、「https」に変更。(SSL化完了)

 

新サーバー(Xサーバー)にダウンロードしておいたデータをFTPでアップロードする。

 

新サーバー(Xサーバー)の中の「public_html」を「public_html_」などに変更する。

 

FTPでアップロードしたデータ(旧サーバーのデータ)のフォルダ名を、「public_html」に変更する。

 

「public_html_」のフォルダの中にある「.htaccess と wp-config.php」を
「public_html」に移動する。

 

サイトの管理画面にログインしてプラグイン(updraft plus)でバックアップデータを読み込む。

 

サイトにログインし直して(勝手にログアウトする)ブラウザのキャッシュを削除して再アクセスする。

 

サイト表示を確認して問題なければ作業完了!

まとめ

https(SSL)化後はあまりサーバー移管はしない方が良いです。(移管する予定があれば先にサーバーの変更をお勧めします。)

作業代行も承ります。いつでもお問い合わせ下さい。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA