Wordpressのインストール・カスタマイズ・不具合の復旧致します。
サーバー移管・テーマのご提案等も可能です。Wordpressのトータルサポート
Wordpress

「ロリポップサーバーからxサーバー」へサーバー移管・ドメイン移管・SSL化

ご覧頂きありがとうございます!Norio_Takahashiです。

ご依頼内容

「ロリポップサーバーからxサーバー」へサーバー移管と ムームードメインからxサーバーへドメイン移管とSSL化です。

作業手順

httpサイトの移管なので先にxサーバーに独自ドメインでwordpressをインストールします。 次に旧サーバーの方でupdraftでバックアップを取ります。

データをダウンロード

FTP接続してデータ一式をバックアップします。

xサーバーにFTPでアップロード

旧サーバーからダウンロードしたデータから「wp-config.phpとhtaccess」を削除して、 xサーバーにFTP接続して「public_html」フォルダを作ってアップロード。

サーバーにある「public_html」フォルダを上書きしないように注意!!

元のは「public_html_」など、別名にして置く。

Xサーバー側の「public_html」から「wp-config.phpとhtaccess」ファイルを移動する。

xサーバーのIPを調べる

サーバーパネルのサーバー情報を確認してIPをチェック。

HOSTファイルを変更

HOSTファイルを変更してxサーバー側のサイトにアクセスする。

バックアップを戻す

updraftプラグインを「オン」にしてバックアップを戻します。

サイトを確認する

TOPページや画像等をチェックして問題なければデータ自体の移行は完了です。

ネームサーバーの変更

今回はムームドメインですのでログインしてネームサーバーをXサーバーのurlに変更します。

サーバーが切り替わるのを確認

12-24時間後にブラウザのキャッシュを削除してサイトにアクセスしてupdraftプラグインの「上級ツール」でサーバーがXサーバーになっているのを確認してサーバー移管は完了です。

https化(SSL)作業

サーバーに完全に安定して繋がる72時間待ってからhttps化をします。

Xサーバーのサーバーパネルからhttps化をします。

1時間かかるので待ちます。 その後、サイトにアクセスしてwordpress URLとサイトURLを「https」に変更して保存します。 (勝手にログアウトします。)

contact foam7を使っている場合は設定を全て控えます。(必須)

再度ログインして、「search regex」プラグインでURLをhttpsに変更します。

トップページやサイドバーの画像のhttps設定を確認して必要な箇所は変更します。 contact foam7の設定が消えてしまうので控えておいたもので設定します。

httpsへのリダイレクト設定

httpsへのリダイレクトの記述を「htaccess」に書き込みます。

まとめ

現在、Xサーバーのキャンペーン中でドメイン代が無料になります。(新規取得も移管も大丈夫です。)

サーバー移管をお考えの方は今がチャンスです!

当方からお申込みいただければサーバー移管料金も割引致しますのでかなりお得に移管できます!

 

作業代行致します。お気軽のお問い合わせ下さい。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA