Wordpressのインストール・カスタマイズ・不具合の復旧致します。
サーバー移管・テーマのご提案等も可能です。Wordpressのトータルサポート
Wordpress

さくらインターネットから、httpsサイトをXサーバーにサーバー移管

ご覧頂きありがとうございます!Norio_Takahashiです。

今回の事例は、さくらインターネットから、httpsサイトをXサーバーに移管です。

 

作業手順(旧サーバー)

updraftでバックアップします。その際にphpバージョンのチェック。

FTPでフォルダごとダウンロードします。

データ内の.htaccessとwp-conftg.phpを削除。

 

作業手順(新サーバー)

移行する独自ドメインを設定。(httpで設定)

phpバージョンを設定。

簡単インストールでwordpressをインストール。

FTPでアクセスして、ドメイン直下のフォルダ内の.htaccessとwp-conftg.phpを「残して」他のデータを削除。

ダウンロードしたデータをアップロードする。

 

ネームサーバーの変更

xサーバーにhttpsサイトを表示したまま移管するには、XサーバーのSSL有料証明書が必要です。無料のSSL証明書を使う場合は、先にネームサーバーを変更する必要があります。

今回は無料SSLのを使用したいというご依頼だったのでネームサーバーを変更します。(サイトが非表示(一時的に数時間wordpressの初期状態が表示されます。)になります。)

 

xサーバーでhttps化設定

xサーバーのサーバーパネルでSSL(https)設定をします。いつも設定が反映するのに1時間かかるので1時間経ってからhostを変更してからXサーバー側のサイトをhttps化します。

 

hostを変更

hostを変更して新サーバー側のサイトに直接アクセスしてwordpressの管理画面の「設定」からサイトURLとwordpress URLをhttpsに変更します。

 

バックアップで戻す

updraftでバックアップを戻す。サイトを確認してOKなら、ネームサーバーを変更して作業完了です。

 

まとめ

httpsサイトの移管はサーバーによっても色々と設定等が変わります。

wordpressの作業代行を行なっています。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA